wheatime.net

手作りパン教室




優しさという温かい貯金

  • 2012年1月23日(月) 17:39 JST
  • 投稿者:
    riri

小学校の家庭教育講座で
教育サポーターとして活躍されている
仲島正教先生のお話を聞いてきました。
http://www2.bbweb-arena.com/naka602/


テーマ
「あーよかったな あなたがいて」
~優しさという温かい貯金~


資料をざっと目を通す。


うん。うん。
あぁ。。。。(-_-;



と、自己反省しつつ、
講演が始まりました。



噂では聞いていたのですが、
仲島先生のスーツの裏地がタイガース!と。


それが、
裏地がタイガースだったのは確かなのですが、
リバーシブルで はっぴになっていました。

このスタイルで
仕事帰りに 試合の応援に行くそうですよ!



すごい!!
このパワーがすごい!!




いやいや、本題は内容。


先生の経験、
なかには 冗談、実体験を
おもしろおかしく話してくださり、
反省と感動…


仲島先生ワールドに引き込まれ、
私の過去、現在を振り替えつつ、
私の目には涙が…

隣の人、どん引きじゃなかったかしら??




大人は過去についても気にするが、
子供は 今と未来を見ている。

いつまでも 大人が
過去にグダグダ言うから、
子供が前に進めない。

心ない一言で ダメにする。。。


子供が考えている未来を見るように
大事に思っているからね!という
心にぬくもりを与える言葉をかけてあげることが大事。


この温かい言葉が
心の銀行に貯金が増える。


温かい言葉・行動の積み重ねによって、
思春期の壁でも乗り越えられる力が養え
ゆっくりと未来へ歩むことができる。



最後に 記憶に残った
「自尊感情」「10秒の愛」について
自分自身を見つめ直したいと思います。


『優』
憂いときに そっとそばに寄り添うことのできる
優しい人になれるように
大人が 子供達を信じ、
子供の未来への応援団長となることが大事。





さて、仲島先生からの宿題がありました。

「よかった あなたがいて」と
子供達をぎゅっと抱きしめる。
旦那さんにも 伝えること。



今日は、気持ちがいらいらしていて
いつもなら 頭ごなしに怒っているけど、
ぐっと我慢することで限界。

今月中、
いや、今週中に伝える!という期限付きにしよう。
>ダメね、私。


また、子供の反応を 追記したいとおもいます。





私のまとめ

・自尊感情は 周囲の優しさで育つもの
本人の力だけでは養えない

・10秒の愛
子供は待てない、大人とは違う。
だからこそ、たった10秒だけでも 待ってやる、抱きしめる。
寄り添うことで、子供が変わる。
たかが10秒、されど10秒。




やっぱり、文章がまとめられない私…
この内容、講演が聴けなかったママたちにも伝えたいなぁ~

 

-----
りり
西宮・甲子園☆子育てママのパン教室
『Wheatime』
http://wheatime.net/
 

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://geeklog.wheatime.net/trackback.php?id=20120127133913749
表示形式
コメント投稿

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり、サイト管理者は責任を負いません。